愛情ってやっぱいる?

ども、こんにちは、
よっしーです。

新しいことをするにも
やはり、自信がないとできないですよね。


肉体強化で内面も外面も
両方ともある程度の自信は出てくるはずです。


ただし、


「心の底から湧き出てくる自信が欲しいんだよ!」


と言う場合、
もしかするとあるモノが足りていないか。

それに気づいていない場合がほとんどです。


それが”愛情”です。


では、愛情がなぜ必要かを順繰りに説明していきますね。


学校教育では、いかに周りの輪を乱さないようにするか。
という協調性を叩きこまれて育っていきます。



しかし、大人になるにつれ
各々が他人と自分を区別するように
ハッキリと他とは違う生き物だという事を自覚していきます。


ただ、協調性という教養が、
みんな一緒という見方を強調するばかりで
自分と他人を必要以上に比べる原因にもなります。


”あの人と比べてここができていない。”


と真面目であればあるほど
自分を悪い方へ悪い方へ捉えていってしまいます。

周りのことをどんどん気にする一方で
自分の自信はドンドン無くなっていくのです。


ひきこもりは特に愛情不足が多いです。

あまり言われてもピンと来ないと思いますが


”自分のすべてを受け入れてほしい”


そう思っています。


僕自身、あまり褒められたことが無かったので
ピンときませんでしたが。

思春期からひきこもり脱出までは
誰かに自分と言う存在を受け入れてほしいと思っていました。


僕の場合は、ネットで知り合った目上の方々でした。


全てを肯定的に受け止め背中をおしてくれたのです。

その上で、やりがいを持てることをすれば
勝手に自信がついてきます。


あなたには自分を丸ごと受け入れてくれる人はいますか。


追伸、

次回は出会いについてお話ししたいと思います。


出会いで人の人生はガラリと変わっていきますからね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!