ロングスパンで考えよ

ども、こんにちは、
よっしーです。

就職を諦める傾向が強い人は
目先だけしか考えていない場合が多いです。

・なんで、就職したいのか?

・仕事とは何なのか?



「そんなこと聞かれてもなぁ。」


と…。


これから先の長い人生を歩むのもあなたですし
この質問に答えられないと自分の方向性がちょっと違ったり
嫌なことがあっただけですぐにやめてしまいます。

現に、僕がそうでしたから。


自分の生き方に自信が持てないといけません。

すぐに、この業界で働きたいとなっても
勤められるかどうかは企業側がどういう人を求めているかにもよります。

例えば、アニメの業界に行きたいのは分かりますが
相手側(企業側)が即戦力を求めているのに
自分が未経験ではお互いにマッチしていません。

まずは、違う業界で仕事をしながら
その業界に対してのスキルをコツコツ身に付けるなど。


何事も段階を踏む必要が有るのです。

まず、生き方に自信を持つには
自分がどういう人間なのかを知る必要が有ります。

よく思春期の頃に、自分探しの旅に出かけて
”自分らしさ”を探しに遠出する人がいますが。

別に、そんなことをしなくたって自分探しは出来ます。

・自分は何が嫌いなのか。

・自分は何がしたいのか。

・自分は何をしているときが楽しいのか。


上記にあげた項目を書き出して目的を持てば
家の中にいても自己分析が出来ます。


採用側としては、
あなたが今まで何をやってきて
これからじぶんのところで頑張れるのかをみたいのです。

そんなこと言っても


「何もやってきてない…。」


という風にあなたは思うでしょう。

別に、アルバイトから仕事と言うものに
触れていけばいいのです。

僕自身、最初は全く志望とは違う企業でしたが
やっていく過程でやっぱりこういう事がしたいなぁと思うようになったので、
あなたが心の底からやりたいと思えることを見つけ出せればいいのです。


さっきも話しましたが

・自分は何が嫌いなのか。

・自分は何がしたいのか。

・自分は何をしているときが楽しいのか。


この3つを書き出してみて下さい。

そうすると、向かうべきところまでの距離感や
今あなたがやらなければいけないことも見えてきますので。

追伸、

次回は仕事を継続させる仕事観についてお話ししていきますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!