就職という文字が重たい

ども、こんにちは、
よっしーです。


ひきこもりから脱したのはいいものの、
次の働くという事がしんどいんですよね。


ひきこもりにとっては…。


僕なんかは、
20歳まで友人がゼロでした。


「え、ホントですか?嘘でしょ…。」


なんて今では言われますが。(^_^;)


ホントに、ゼロでした…。

留年していたため学歴コンプレックスでしたし
経験が無い為、何をするにも不安だらけでした。

初めてバイトをしたのが16歳の時で
その時はコンビニの面接すら落ちていました。

まずは、アルバイトを経て
仕事と言うものを知り就職する。


アルバイト→就職


「そんな、当たり前なこと言われても。」


と、思っているでしょうが
これが私は一番いいと思います。

世間一般的に言えば
おそらく何度も職を転々とするのは
良い印象とは言えないかもしれません。



しかし、働くことで経験値を増やし
実績を積むという部分で色々学ぶことが出来るはずです。

まぁ、何度も失敗するので心が折れかけはしますが。(^_^;)


でも、そんなダメ人間だった僕も
ひきこもりから普通に働けるようになっています。

重たい腰を上げてはじめてのことに取り組むときは
気が重たくなり言い訳して行動もしたくなくなります。


これは誰もが通る道です。

今までたっぷりと時間があったのに何もしていない。


「一体、オレは何をしてきたんだ…。」


と、きっと、自己嫌悪に襲われることでしょう。


ひきこもりから職に就くというのは
部屋にこもりっきりになっていた身にとっては
超がつくほどハードルが高いです。

まぁ、そのハードルも諦めなければ普通に超えられます。


「そんな、むちゃくちゃな。」


と、心の中で言ってるかもしれないけど…。


それしかないですから。笑

それに、高いハードルを昇った時にこそ、
得られる達成感と言うのは何とも言えない喜びです。


ワンピースのレイリーの言葉を借りるなら。

自分のことを


「疑わないことそれが強さだ!」


そんなノリで、自分を信じて成長していけばいいのです。

大丈夫!あなたならできる。


追伸、

ひきこもりについて何かわからないことがあれば
いつでもメッセージを送ってきてください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!