何事にも動じない思考

ども、こんにちは、
よっしーです。


ひきこもりから抜け出た当初は、
右往左往していました。

人の顔色ばかりをうかがい
精神をすり減らしていたこともあって
そのせいで必要以上に疲れていました。


さて、今回の話はタイトルにもあるように
何事にも動じない思考です。

この何事にも動じない思考を身に付けると
何が来ても自分の軸は全くぶれることがありません。


僕は、20代は嫌なことがあって
全てを受け入れるようになってから
この考え方を採用するようになりました。

今、付き合っている彼女がいますが
僕の思考が移ったのか。


「まぁいいか。」


が口癖になっています。



「まぁいいか。」


と言う口癖は通常ですと
あまりよくない印象として受け入れられます。


この言葉だけを見ると
全てのことを諦めたかのような発言に聞こえてしまいますよね。

以前に蟲師を取り上げました。



僕はここに登場する
ギン子の生き方が好きで取り上げました。

ギン子の処世術が、
今回のタイトルにもある


「まぁいいか。」


の象徴とでもいうべき生きかたをしているのです。

ギン子の「まぁいいか。」には
自分の生き方にプラスに働くように作用してくれるのです。


マイナスに捉えれば諦めにもなるし
プラスに捉えれば物事を大きく受け止められる心を養ってくれます。


僕はそのおかげもあって
ある程度何が起きても動じない心を獲得してきました。


この”動じない心”を獲得することによって
迷いもなくなり何でもプラスに捉えられるようになります。


あなたの使う「まぁいいか。」はプラスになってますか。


今回は、「何事にも動じない思考」についてお話ししました。


追伸、


蟲師を知らない方は一度ぜひ見てください。

今日話したことが分かるはずですので。


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!