ブルーオーシャンのウソ・本当

ども、こんにちは、
よっしーです。


あなたは”ブルーオーシャン”って
言葉を聞いたことありますか。

ライバルが一切いない平穏な海…。

ワンピースのサンジがいう
オールブルーのイメージに近いのでしょうか。笑


そんな海が存在していたら
そこに基礎を築き繁栄することをまず、考えるでしょう。


じゃ、そんな楽園があるとして。

まず、あなたに質問ですが
ブルーオーシャンはみつけるものですか、
それとも自分で築き上げていくモノだと思いますか。


今日はそんな話をしていきます。

では、本題です。


ブルーオーシャン。

この言葉のイメージがつきにくいのなら
オンリーワンと言い換えてもいいかもしれません。


本当に戦わなくていい場所が
この世に存在するのであればそれはきっとエセでしょう。

この広い大海原に闘わなくていい場所なんて
存在するはずがありません。


元々、レッドオーシャンの中に身を投じ
自分のポジションを確立するのが
ブルーオーシャンだということです。


映画製作をたとえてみましょう。

通常、映画業界に入るには、



・そのままエスカレータで登っていくか。

・転職するか。

・自分でキャリアを磨いていくか。



この3つがあります。


おそらく全くその業界に関わったことが無ければ
ほとんどが転職する方向で
キャリアのステップアップを目指すでしょう。


しかし、このままでは
レッドオーシャンに飛び込んで
溺死するようなものです。


なので、僕は自分で自分のキャリアを構築することを考えました。

そうすることで
レッドオーシャンのまっただ中でも
ブルーオーシャンを築くことが出来るのです。


自分でコンテンツが出来たら
媒体を通して拡散していく。

先に自分の武器をみつけ
自分の武器を活かしキャリアアップを狙う。


民間企業の代表者とプロデューサーの手腕で
僕の書きものをきっかけに一気に映画化になりました。
(厳密にいうと、もう僕の力ではないです)

だから、コンテンツ(人生)が一番なのです。

それを武器にすればいいだけの話です。

長々と話してしまいましたが
あなたも年齢や能力で最初っから諦めないで下さい。



今回は、「ブルーオーシャンのウソ。本当」についてでした。


追伸、


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!