大学へ行くのはアリか?

ども、こんにちは、
よっしーです。


思春期の頃常々思っていたことではありますが
学校教育に関しての疑問です。

大学へ行くのか行かないかは
結論から話すと大学に求めていることを
あなたが行って得られるかどうかです。

あなた次第ってことなのですが。


そんな簡単な話ではなく
もっと、自分の将来なんだから
真剣に考えようよ!ってことです。


僕は進学校に通っていましたが
必須科目を習得できなかったがゆえに留年しています。

それまでは、皆と同じ様に
いい学校に行けば将来的に有利になるという
ものすごく曖昧な理由から学校に通っていました。


ただ、留年したおかげで
僕自身、何が好きなのか、何がやりたいのか。
を、改めて考えるきっかけを作ってくれたのです。

そのかいあって、自分のやりたいことも見つかり
自分のやりたいことに直結する専門職大学へ進学が決まりました。


まぁ、その後は色々と右往左往した時期はありましたが。



で、大学へ行くのはアリか?
と言う話に戻りますが大学へ行くのはアリです。


しかし、目的がないままだと
今の学校制度は就職斡旋施設に成り下がっていますので
何も得られないまま社会人になってしまいます。


ここは注意が必要です。


何かしら目的があって
その学校に行って自分が目的とする学びが得られる
最適な環境であれば通っていいと思います。


僕が専門職大学だったからですが
何も目的が無いままいくと本当に何も得られず
社会人になるのであとに悲惨な状況が待っています。

また、その関係の仕事に就いていないと
職を転々としたり20代を彷徨い続けるかもしれません。


”周りが通っているから自分も。”


この思考ほど危険なものはありません。


何せ、あなたの人生を学校に託しているのですから。

もし、色々と迷っているなら自分の人生を生きるために
その学校に通う必要かあるかどうかで判断して下さいね。


追伸、


迷ったら自分がどうしたいかで判断を。


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!