Stay Hungry, Stay Foolish

ども、こんにちは、
よっしーです。


さて、あなたは現状に満足していますか。


「ううん?一体どうしたの?」


と。


まぁ、タイトルだけ見て
「ピン」ときた人はスティーヴ・ジョブスファンか、
成功哲学オタクか。

または、その両方と言うこともありえますね。


スティ―ヴ・ジョブスが死んでから
早くも7年が経ちます。

タイトルにある「Stay Hungry, Stay Foolish」というのは、
彼が残した有名な言葉ですね。


僕は、創作活動を行う際はこの精神で挑んでいます。

若いときに大きな夢や希望を抱くと
必ずと言っていいほどドリームキラーが目の前に現れます。


それは、


・親かもしれない

・友人かもしれない

・会社の人かもしれない


色んな人があなたの夢を殺しにくる場合があります。


大人の立場上、老婆心から
色々と心配してくれることはわかりますが、
若いうちにしかできないことは沢山あるのです。


無理が効く年代は若いうちまでですし
歳を重ねるごとに体力、知力がドンドン落ちていきます。


やることがドンドン限られてくるのです。

僕自身、ある業界で走り始めると決めてからが遅かったので
早めにスタートを切るのが肝心だと思っているわけです。


やはり、30代を手前にして
10代後半、20代前半のときの身体とは違い
1日に使えるエネルギー量が変わってきているのを実感できます。

限られた中でいかに効率よく作業に取り組んでいけるか。


僕の場合、
夢や目標が大きい割合を占めていて
現状に全く満足がいってないので
限られたエネルギーを有効活用していきたいと思います。

まだまだ、希望があれば人間はやれるんですよ!

諦めなければね。


反骨精神で何事も恐れぬ愚かさを元に
いろんなことに挑戦していきましょう。


今回は、「Stay Hungry, Stay Foolish」についての話でした。


追伸、


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!