のび太君に学んで一緒に転ぼう

ども、こんにちは、
よっしーです。


今回は、再びのび太君の生き方から
学べるものがあったので取り上げていきますね。

のび太君と言えば、
ドラえもんに出てくる副主人公です。


ケンカもジャイアンやスネ夫に毎回負けて
ドラえもんに頼っていかないと
生きていけないほどのひ弱君で有名ですよね。


もう、ドラえもん名物です。

ジャイアンやスネ夫に負ければ
ジャイアンたちを懲らしめる道具を
ドラえもんに頼む。

また、テストでいい点数を取らなければいけない時は
テストでいい点数を取れる道具を要求する。

ホント、ダメ人間のトップを行くような人物であることは
あなたもよくご存じでしょう。


って、のび太君がいかにダメなのかというところしか、
お話ししていませんね。

のび太君の生き方がいかに素晴らしいか。
も、ちゃんとお話ししていきますよ。


でも、人に言えないほどに
僕自身も、生き方や考え方が超絶雑魚の時があったのです。


今ではそんなのを感じさせないほどになっていますが…。(^_^;)


ひきこもりから這い上がる過程で
大分、人間が強くなったと思います。


のび太君が成人し子供ののび太君に送る言葉で
勇気づけられた言葉があるので共有しますね。


「君はこの先、何度も転ぶ。
でもその度に立ち上がる強さも君は持っているんだよ」



今の自分から昔の自分への助言で、
出てきそうなフレーズですよね。


未来の自分から今の自分へのアドバイスほど
貴重なものはありません。


もう、一番自分のことを知っている
コンシェルジュみたいなものです。


人間、生きていれば
躓くことなんて一杯あります。


その度に挫折し
途中、その道からリタイアすることも考えるでしょう。


でも、ワンピースのルフィやのび太君が
何度も強敵に挑み続け立ち上がる力があるように
僕らにもその力があるから大丈夫です。


例えばですが、
初めて自転車に乗った時のことを思い出してください。


最初は補助輪付で母親や父親の手を借りて


「怖いよ!怖い。僕なんかにできないよ。」


と、思いながらも徐々にやり続けていく中で
ドンドン乗れるようになっていきますよね。


補助輪ありから補助輪なしになれば
行動範囲も拡げられ世界も広がりますよね。


しかし、補助輪なしで乗れるようになるには
恐怖を乗り越えなくてはいけません。

自分の可能性を信じて恐怖を克服していけば
新しいことにスイスイ挑戦していけるので
のび太君マインドを採用してみてください。


そうすれば、自転車を簡単に乗れるのと同じように
人生の幅が広がりますから。

のび太君マインド、ある意味最強ですよ。


追伸、


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!