新しい時代に賭けてきた

ども、こんにちは、
よっしーです。


ここ数年、著名人が立て続けに亡くなっていますよね。

まぁ、これは時代の移り変わり
静かに教えてくれているのかなぁと。

立て続けにいなくなるのは
もちろん、寂しいのですが。


タイトルは、
ワンピースに出てくるゆうめいなフレーズを
採用させていただきました。

赤髪のシャンクスが
ルフィに自分の帽子を託して
強い海賊になって返しに来い。

という意味で放った言葉です。



どんなに偉大な人物であろうと
いつかは死んでしまいます。


偉大な人物が死ぬことは確かに悲しいことですが
そこから自分が何を感じ自分の人生を
どう発展させるかの方が重要なのです。

偉人は、生きてからも死んでからも
私たちにその生き様を見せてくれます。


現世に残してくれたものがあるなしに関わらず
語り部がいれば後世に受け継がれていきます。


親が子供を生み、子どもが自分の子供を生み
遺伝子レベルでそれは受け継がれていきます。


育ての親と子供でもそれは成り立ちます。

ワンピースの白髭とエースの関係はまさにそうでした。





受け継がれていくのなら
それは、もう立派な文化です。


文化とは、
そこから新しいストーリが
展開されるかどうかに価値があります。


今も、僕が引きこもりのままでいたのなら
誰にも影響を与えられない人生を送っていたと思います。


ひきこもりから社会人になるまで
大分、凸凹した道を歩んできました。


まぁ、誰もが経験してないからこそ価値があるので
凸凹した道にこそ、価値があるのです。


今は、ネットがあります。

パソコンと言うツールのおかげで
臨めば楽しく生きる事が可能になりました。


自分で自分の居場所を作ることが出来るのが
ネットという素晴らしい環境なのです。

自分の後世に伝えても
恥ずかしく無い事が出来ているのか。

常に自分に問いかけてみて下さい。



人生は、ホント一度キリしかありません。

後世に語られても恥ずかしくない生き方をして
自分だけの文化を作っていきましょう。


追伸、


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!