質を上げて生きよう

ども、こんにちは、
よっしーです。


「何かやりたいことがない。」

「やる気が出ません。」


という方がいますよね。


でも、ホントにじっくりと
自分の生き方に向き合ったことあるのかなと。

この世に生まれてきて
何もやりたいことがないなんていうのは無いはずです。

必ず、自分のルーツに行き着けば見つかるモノだから。


で、今回のお話する内容は
「質を上げて生きよう」
についてです。


僕は、義務教育の犠牲になっていたら
サラリーマンとして社会の一歯車として生きる
ただの屍状態で無気力なまま生きていたと思います。


で、質を上げて生きようと思ったら
何かを欲するエネルギーは自分にパワーをくれます。

欲深過ぎるのはよくないですが
適度な欲は成長に必要な起爆剤です。


僕が学校に通っていた当時は、
ずっと自分を押し殺していたのですが、
自分の思いを閉じ込めておくとドンドン鬱っぽくなっていきます。


欲があるから頑張れるし、
その欲を満たしたらまた次の欲が生まれ
もっと活動的になります。


「何もしたくない。」

「やりたいことが分からない。」


という気力の無い状態では
ドンドン惰性で生きていってしまいます。


イキイキとするために意欲を持って
何かに取り組んだ方がいいに決まっているのです。

僕が、今意欲的に働けているのは
欲を持って素直に生きているからだと思います。



実際、映像に魅了されたのは、


「自分もこんな作品を作ってみたいから…。」


が、最初でした。


その機会があり、
自分のやりたいことをやっているわけです。

自分のやりたいことを
今の世の中は可能にしてくれるものだと思います。


”自分のやりたいこと、好きなことが評価されて生きていける”


そんな恵まれた世界に生きているので
考えようによっては、可能性は無限大に広がっていると言えるのです。


もっと、欲深くいきましょう。

いい意味で。


今回は、「質を上げて生きよう」について
お話ししました。


追伸、


最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!