本気なら遠くから見るな!

ども、こんにちは、
よっしーです。


今も昔もですが、集団活動がものすごく苦手です。

大勢の飲み会の席では、何を話したらいいか分かりませんし、
その場を取り繕うことすら嫌気がさすほどです。


でも、今の今まで何かのコミュニティに属して、
大きな結果を出したということがありませんでした。

高校時代のころ、
ムカデ競争をした時の違和感は忘れることが出来ません。


僕は、どうしても皆と一緒に一挙手一投足が出来ず
モヤモヤしていました。


そして、参加していなくても、
誰かがやってくれるから大丈夫!ということで、
徐々に皆と一緒にやることに本気になれなくなっていきました。


社会性ということに関しては、欠けているかもしれません。

今から数年前ですが、
あるベンチャーに参画させて頂いていました。


しかし、どうにもやる気が起きないのです。

皆で盛り上げて行こうという気があるのにも関わらず、
どこか遠くから熱中している人をよそから見ていたんですよね。

何でかな?と考えた時に、一つの結論に行き着きました。


それが、当時者目線ではなく
第三者として遠くから見ていたということです。

じゃ、なぜ、本気になれないのか。


そのメカニズムを見ていきましょう。


ただ、ここで僕が単純に答えをいうだけでは面白くないので
あなたも考えてみてくださいね。

・・・・・
・・・・・
・・・・・


考えてくれましたか。


では、なぜ、本気になれないか。
というと、この2点が邪魔をしていたからです。


・周りと比較して劣っていると思われたくないから。

・人とかかわるのが面倒くさいから。


そう、以上の2つが大半の原因で、
結果がダセナイのです。


自分一人の力ではたかがしれています。

そして、人付き合いを通じて成長することはわかっている。


しかし、自分のことを大切にするがあまりに、
自分が納得がいかないことに関しては、
完全に拒否していたのです。


これではあまりにも子供すぎます。

本気であれば、
真正面から向き合い問題があったとしても、
それを乗り越えるためにいろいろ考えます。


しかし、斜めから、遠くから問題を見ていたら、
遠い山がボヤけて見えるように何時まで経っても真実は見えないのです。


だから、もっともっと近視で、
自分の人生と向き合うために近いところで物事を見るようにしてください。

近ければ、近いほどカルマと一緒で反発していろんなものが返って来ますが、
本気ならどんなつらいことがあっても逃げないようになります。

関係を築いたら、
面倒くさいからといっても簡単に諦めないですよね?


なので、もっと自分が築いた関係に責任をもつ。

物事の距離が近ければ近いほど、
勝手に本気になっていきますので 一つ心がけてみてくださいね。


追伸、


最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!