サンコンが3度目で国際結婚!多重婚にならない一夫多妻制のメリット

ここ、数年芸能界を見渡すと結婚ラッシュが後を絶ちませんよね。

最近で言うと、
石橋杏奈さんと楽天の松井さんは記憶に新しいところですよね。

モデルさん、女優さん、グラビアアイドルが結婚したとなれば
お相手が気になりますよね。

ギニア出身のタレントであるオスマン・サンコンさん(69)が
10月に結婚することが明らかになった。

もう、70歳に近いというのに結婚を考えるとは?

まず、通常の思考であれば理解が出来ないですよね。

お相手はと言うと元グラビアアイドルで演歌歌手の北山みつきさん(50)です。

北山さんは一度離婚をされており、今回で2度目の結婚となるわけです。

しかし、サンコンさんは故郷のギニアに2人の妻と息子がいます。

そんなに妻がいていいのだろうか?と…。

ふと、疑問が浮かびますが、ギニアは一夫多妻制なので
男性が複数の女性と結婚することが認められているのです。

男性にとっては、まさに夢のような状態かもしれませんが、
では、ここで一夫多妻制と国際結婚におけるメリットをご紹介いたしましょう。

国際結婚のメリット・デメリット

メリット

やはり、文化が違うので風習やしきたりに戸惑うこともあるでしょうし
違う国籍という事もあって、結婚式をお互いの国で挙げられる利点があります。

お互いの家族と違う文化を理解し合う機会が作れより親密になれるのです。

一世一代のイベントとは言われますが、国際結婚ですと2回も味わえるわけです。

また、子どもを持った時に外国語が話せるようになるかもしれません。

デメリット

国内であれば、役所に必要書類を提出するだけで終わりますが、
国際結婚の場合は、お相手の大使館にて手続きが必要ですし
証明書類は翻訳分も必要になるので、大変面倒になります。

また、子どもが出来た場合は、
どこで産むのか、育てるのか。どちらの国籍にするのか。

その辺も踏まえておかないといけません。

そして、最大の問題は、衣食住が合うかどうかです。

祖国から離れて、お相手の全く違う文化に慣れていれば話は別ですが
慣れていなければ、相当な覚悟がをしておいた方が良いと思います。

一夫多妻制のメリット・デメリット

メリット

男性女性共に強い子孫を残せると言う事。

日本では、少子高齢化と言われていますが、
一夫多妻制であれば、数多くの中からより強い子孫を
残す事も可能なのです。

デメリット

アニメや漫画のシチュエーションにあるようなロマンが
一夫多妻制にはあると幻想を抱きがちですが実際はそうではありません。

男性は複数人の妻を持つ際は、
もともと妻としていた女性に許可を得る必要が有ります。

もし、それを黙って妻を増やした場合、今いる妻は離婚を許されています。

だから、男尊女卑という根強い文化はありますが
好き勝手男性が女性をお嫁さんにしていいわけではないのです。

男性側も一人一人の女性を平等に愛せるかどうかが長続きの秘訣です。

そして、一夫多妻制は子孫を残すにはいいシステムですが
経済的にもある程度の余裕が必要になってくることは言うまでもないでしょう。

まとめ

国際結婚は問題がありますがお互いのことを考えられていて
将来設計も組めているのであれば安心でしょう。

北山さんの年齢から言って
子どもを産むのは厳しいかもしれませんが
残りの人生をサンコンさんと楽しく過ごせるのでいいのではないでしょうか。

北山さんはギニア国籍も取得されているみたいなので
ギニアで暮らすのも時間の問題ですね。

お二人とも、どうぞ末永くお幸せに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!