カタクリに学ぶ家族愛

ども、こんにちは、
よっしーです。


いきなりですが、ワンピースって見てますか?

今、主人公の麦わらのルフィはビッグマム海賊団との一線を交えて、
激闘の末、ビッグマムに仕える三将星のクラッカーとカタクリを倒し生き延びました。

カタクリは、物語始まって以来、ルフィ最強の敵です。


ルフィの特性はゴムで、カタクリは
戦況は、カタクリに終盤までリードされていました。

カタクリは、闘いの中でルフィが自分の域に来ていると感じ、
とどめを刺しに入ります。


しかし、途中でカタクリの妹の援護が入り、
ルフィは致命傷を負ってしまいます。

正々堂々と勝負を挑むために
カタクリは自分で自分の腹を刺し、ルフィはカタクリに勝利。


このカタクリは非常に家族思いであり、
兄弟が困っていると自分のことのように考えるいいやつなのです。

ルフィは仲間思いで仲間が救いを求めていたら全力で助けに行きます。

いろいろとこの戦いで
ルフィとカタクリを対比してしまうところがありました。


カタクリは、僕の次男に生き方や風貌も似ていたので
すごい親近感を覚えました。

カタクリは、
むかし、ブリュレという妹が自分の腹いせのために傷つけられてから、
圧倒的な力で相手を黙らせてきた。


どちらも守るべきものがあって強くなってきたという共通点があります。

カタクリはルフィとの出会いにより、
人を守るために自分が強くならなくちゃいけないという闘う姿勢が自分と似ていて
闘いが経過していくなかでルフィに敬意を払いながら張り合います。


最後は兄弟分として世界をひっくり返すスケールを持ったルフィに負けを認め、
ルフィを闘いから解放するのですが。


ルフィの戦いに注目がいきますが
カタクリのルフィに対する送り出し方や男気が熱く共感できる部分が多いので、
カタクリとルフィの闘いをまだ観てないかたは是非ご覧ください。


追伸、


カタクリを見ると、
益々自分の弟と照らし合わせたくなっちゃったな。と。

余談でした。


最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら!